RSS | ATOM | SEARCH
2018.07.21 Saturday

かねてからお知らせの通り、雨竜沼ゲートパークへの町道は大雨により一部が崩落しており、登山は出来ない状態が続いています。

多くの方から問い合わせを頂いておりますが、復旧の目処は立っておりません。

 

現状はどんな状態なのか・・自分たちの目で確かめに行ってきました。

 

宿からおよそ10km、暑寒ダムに到着です。

折角なので立ち寄ります。

暑寒恵岱岳が良く見えます。山頂あたりの雪解けはかなり進んだようです。

湖はほぼ満水。今の時期には珍しい事です。

この水が雨竜の田畑を潤して、美味しいお米やメロンを育ててくれます。

湖の周囲はモニュメントや慰霊碑もあり、かなり手入れされています。

東屋やベンチ、トイレもありちょっと涼みに来るのに良さそう。

 

ダムまでは完全舗装路で、何も問題はありませんでした。

さてこの先は。

 

 

ダートと簡易舗装の道をうねうねと走り抜け、ここで行き止まりです。

ダムのすぐ横で斜面が少し崩れてブルーシートがかかった箇所があった以外は、特に道路の傷みも見受けられず、車の走行には何ら問題はありませんでした。ゲートパークまであと少しなのに、残念。

 

帰路は車をゆっくり走らせ、昔の電柱を沢山見つけました。

この辺りには昭和40年代まで集落があり、多くの人々が暮らしていたのです。

あった!

プレートが付いていなかったら、かなり分かりにくいかも。

もう森の一部の様に周囲に紛れています。

今はこの下の川上という地区までしか、電気は来ていません。

かつてここで生活が営まれていた証拠です。

 

登山客の往来がない、今だからこそ発見出来ました。

狭い林道の中なので、前後に車がいないかどうか気をつけながらの探索です。

 

自分たちの住んでいる辺りとか田畑、商店や学校、役場などを雨竜町と思ってしまいがちですが、ここも雨竜なんだなぁ。

人知れず立ち続けるかつての電柱も、人が訪れず静寂に包まれているであろう湿原も。熊や鹿が走り回っているであろう里山も。

 

この土地に来て10年が経ちましたが、もっと雨竜の事を知りたいなと改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 10:24
comments(0), trackbacks(0), - -
2018.07.05 Thursday

連日の大雨で現在雨竜沼への登山道は閉鎖されております。

また、道内のJR、バスも運休や徐行運転等が多くなっており、移動される方は最新情報の確認をお願い致します。

雨竜町は大雨、洪水等は警報から注意報に変わって、避難準備も解除されました。

まだ油断は出来ませんが、宿は営業中です。

多くの方からご心配のメールや電話を頂きまして、ありがとうございました。

 

今朝の気温は7℃。

あまりの寒さにまさかの薪ストーブ再始動!

 

 

季節は夏・・ですよね??

6月、8月末にも薪を焚いた事があるので、これで一年中焚かない月は無い事になってしまいました。。

農作物への影響も深刻です。

 

北海道だけでなく、全国的に大雨による災害発生が懸念されます。

外出される方は何卒お気を付けて。

 

 

かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 08:33
comments(0), trackbacks(0), - -
2018.07.02 Monday

少し古いネタになってしまうのですが、近所の田んぼに鶴が飛来しました。

 

 

ここには写っていませんが、もう一羽います。

おそらくつがいなのでしょう。

 

今まで、雨竜に鶴が来たなんて聞いた事がありません。

まさかこんな間近で見られるなんて。

渡りでもないのに何故??

 

 

新十津川方面へ飛んで行ってしまいました。

また来てね。

 

このところ雨続きでぱっとしませんが、雨竜沼方面へ行くお客様が増えてきています。

これから徐々に花も咲いて美しい風景が見られる筈です。

天気の回復に期待したいですね。

かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 10:41
comments(0), trackbacks(0), - -