RSS | ATOM | SEARCH
2009.04.06 Monday

前回の続きです。大したネタではないですが、引っ張ってしまい申し訳ありません。妹背牛の温泉ペペルで定額給付金商戦につられてみようってお話だったのにですが…。結局米里(ベイリー)で特盛を食べるお話になっています。

さて昼過ぎにもかかわらずかなりの混雑ぶりです。空いていたテーブル席に腰掛け、メニューを見ると"ご飯のおかわり、大盛りは遠慮なくお申し付けください"の文字。やってきた店員さんに"盛"についてそれとなくたずねてみる…「"大盛り"ってあるけどその上とかあるんでしったっけ?」「はぁ(なんとなくいやそうに)…特盛ですね。できますよ…」「じゃチャーハンを特盛で。」「…わかりました。」これで準備はOK。ちなみにかみさんは週替わり定食の豚丼(普通盛ですよ!)をたのみました。伝票をのぞくとチャーハンのところに"マル特"の表示。でも値段は変わらず550円のまま。聞いたとおりのコストパフォーマンスの良さです。相手は特盛なので、食べきれなくてもかみさんのを手伝うことはできない旨話をして待つことしばらく。まずは当方のチャーハンがやってきました。これね。

チャーハン550円

…なんだ大したことないぢゃん!これなら楽勝で食べきれるなぁ。マ○ンみたいだったらどうしようと思っていたので一安心です。ほどなくかみさんのものもやってきて和やかな昼食タイム開始です。

日替わり定食・豚丼

いい感じでパラリと仕上がっていておいしく平らげ、豚丼を味見しようとしていたところ、背後から妖しい男性店員の声が…。「…すいません。オーダーを間違えてしまいまして。普通盛をお持ちしてしまいました。特盛でしたよね…」とすかさず先ほど食べたのと同等のチャーハン+お漬物が現れた!

チャーハン・特盛りで追加のひと皿

はぁぁ〜?平らげてからしばらく。満腹中枢がじわりと効いてきている時間帯。これは思いもよらない攻撃だ。目の前のブツを前に逃げることはもはやできない。…しかたない、わしわしと食い進んでいきます…体から汗がじわじわ湧いてきた。満腹中枢がfullの文字を指す前に食べきらないとGiveupになってしまう。そんなの特盛をたのんだ手前、せっかく作ってくれた料理人さんのためにも残すことなんてできません。なんとか逃げ切りました。おいしかったけど、苦しい。

…完食

年末お客様が見たチャーハン特盛がどのような入れ物で現れたかわからないが、今回のように時間差で攻撃されるとかなり厳しい闘いを強いられることがわかった。というか年甲斐もなく大盛り超級を食べるな、っていことですね。(完)

かいた人:, カテゴリ:おいしいもの!, 15:50
comments(0), trackbacks(0), - -
コメント









トラックバック
url: http://blog.yukifullsato.jp/trackback/950408