RSS | ATOM | SEARCH
2014.06.29 Sunday
オフシーズンに月一で開催している酒の会。もともとは「雨竜日本酒趣味の会」の例会なのだが、所管が当宿に移ってから「宿主が勝手に呑んだくれる会」と銘打って宿主が飲みたい酒を集めて皆さんといただいている。本来6月は休会となるが、5月が事情により中止になったのでそのリターンマッチを昨日行った。そのラインナップを。
140628呑んだくれ会ラインナップ画像右から。
「金滴大吟醸雫採り鑑評会出品酒(24BY)」
このお酒は昨年7月に発売されたものをうちの冷蔵庫で保管。一年の熟成を経てどうなったかを楽しみにいただいてみた。ヒネもせずいい熟成具合。品のいい香り、うまみと切れが調和している。うまい。
「金滴北雫純米吟醸(火入れ)」
このお酒は以前のブログに書いているのでこちらをご覧ください。
「金滴吟風山廃純米酒・協会8号酵母使用・生酒」
精米歩合80%の吟風をいまやレアとなった協会8号酵母で醸した末広がりの縁起のいい山廃純米酒。生酒だけど常温や燗の方がその旨さがわかると思うので、北雫純吟と一緒に呑む2時間に冷蔵庫から出庫。
「豊杯 純米大吟醸 生酒(限定品・レインボーラベル)」
昨年末に発売の豊盃米(契約特別栽培米)を40%に精米、協会1501号酵母を使ったラベル通りレインボーな一品。華やかな香り、米の甘み。米という果実のジュースだ。
「陸奥八仙 華想い50 純米大吟醸(火入れ)」
青森県産華想いを50%に精米、まほろば酵母を使った純米大吟醸酒。香りやうまみも感じられるが比較的すっきりした味わい。
お料理はこんな感じでした。
140628呑んだくれ会お品書き舌が麻痺する前に、と最初に大吟醸ばかり3本飲み比べしました。しばらくしてふっと見渡すと料理に全く手がついていない!大吟クラスだと他に何もいらないってことがよくわかりました。美味しいけどせっかくだからお料理も食べてほしいよなぁ、というわけで早々に北雫と吟風を投入、そのあたりから話がどんどん弾んで料理も進んで。初参加のおふたりを含む9名出席でしたが、お酒もお料理もきれいになくなりました。次回は9月後半あたりにやりたいなぁと思っています。
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 08:14
comments(0), trackbacks(0), - -
コメント









トラックバック
url: http://blog.yukifullsato.jp/trackback/1073361