RSS | ATOM | SEARCH
2014.06.15 Sunday
おとといお越しのお客様からの差し入れ。
140613奥の松・純吟生原・限定奥の松・純米吟醸生原酒。限定酒だそうです。
香り華やか。口当たりは甘くやさしい感じ。でもって原酒らしいしっかりした味わい。裏ラベルを読むと蔵酵母を使って精米歩合は58%、日本酒度は0、酸度1.7、アルコール度数は17です。
で、ヌル燗してみたw。30度くらい。冷えていた時には隠れていた味わいがはっきりしてさらにうまくなったと思います。
140613男山・特純55・蔵限定こちらは男山・蔵造り資料館のみで販売される特別純米原酒(火入れ)。
奥の松と比べて日本酒らしい辛口。精米歩合が55%と奥の松よりも削っているが、香りはも味わいも全然違う。仕込み方、生と火入れ、酒米・酵母の違い、仕込み水、等々味わいの違いをいろいろ考えながら呑むのは楽しい。
こちらも燗!3種類ぐらい試したけど上がり40度が一番よかったとお客様がたの評。私は50度くらいもいいかな。楽しめました!佐藤様、ありがとうございました。
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 05:55
comments(0), trackbacks(0), - -
コメント









トラックバック
url: http://blog.yukifullsato.jp/trackback/1073357