RSS | ATOM | SEARCH
2010.06.17 Thursday
突然ですが、HBCラジオ(北海道ローカル)の「午後一番!カーナビラジオ」のコーナー、ヒューマンハイウェイの電話取材が先週ありました。この番組は毎週金曜午後2:22頃から北海道の各地域を取り上げてそこで活躍している人たちを紹介するコーナーだそうです。で、18日は雨竜町にスポットを当てることになったようですが、商工会経由で当宿にお鉢が回ってきたわけです。電話で取材を受けてその内容を原稿にして放送されるので私が出演することはないのですが、15分程度の取材時間が気がつくと30分以上にもなっていました。担当の方には時間のない中申し訳なかったな、と思っています。視聴できる方はぜひ聞いてみてください。放送後、上記のリンクからWebでもダイジェストが公開されるようです。
さてさて最近当宿はいろいろなメディアに取り上げていただいていて、週末の20日もBS日テレの番組「北海道すたいる」(毎週日曜12:00〜12:25)第90回の1コーナーでも放送されるようです。5月半ばにロケが入って半日ほど映像取材がありました。まだラボも何もできていないので里山に近所の農家さんと山菜採りに行ったりして田舎暮らしを楽しんでいる風景を撮影されました。ちょうどデッキ横のエゾヤマザクラが満開でそれをバックにお話をしたりしたのでどのように映っているかが楽しみです。
この他にも地元紙のプレス空知などでも記事にしてもらったり、何かと露出が増えているので少しでもたくさんの方に当宿を知ってもらって出来れば利用してもらえるとうれしいなぁ、などとおもっています。
そこでどのメディアでもよく聞かれる質問なんだが、「なぜ雨竜なんですか」と。その答えにいつも困っている。空知周辺で宿をしたいと思っていたが、雨竜に決めたもっとも大きな理由は役場を回った時一番素っ気ない(もしかして来ないでくれ?)返事をした町だったからだ。元来天邪鬼な僕は歓迎されるとどうもおしりがむずむずして居心地が悪い。どちらかというと来るな!と言われた方が、じゃいってみるか、となる。それに何をするにしても僕を放っておいてくれるだろうし、自分のやりたいように宿を展開できると踏んだ。もちろんどうしてこんなところに宿なんだろう…というイメージもある。
しかしその通りに話してしまうとちょっとまずいので2番手、3番手の理由をお話する。たとえば「田舎暮らしでありながら都市生活もできる、両極を取れる」…。これ本当の話。田舎暮らしをしながら大都市・札幌や旭川もすぐ行ける。おまけに滝川でほとんどのものが手に入る。いろいろな面で生活しやすいという点だ。「日本の原風景と北海道的な広い空を手に入れた」…。これは移住して少し後の話。稲作地帯の雨竜の風景は日本ならばどこでも見かけるものだ。ちっとも北海道らしくなくて観光面ではマイナスでしかない。しかし廃屋を斡旋されたときに見た黄金色の穂波と広い空、大して高くもない深川の山がしっかり存在感を表していたのに感動したからだ。「雪が大好きでせっかく北海道に住むなら豪雪地帯に住みたかった」…。これはうれしい誤算。豪雪地帯という意識はあまりなく冬に調査に来た時も「まあこんなもんか」程度にしか感じなかった。しかし実際に住んでみてはじめて「ドカ雪」というのを実感した。それこそ「もうやめてくれ!(怖)」とか「もう降らんでええ!(泣)」などと何度思ったかわからない。本当に恐怖でしかない時があるのだ。しかし根っからの雪好きなためいまだに喜々として滝のような汗をかきながら毎朝除雪をして楽しんでいる。
まあこんな回答をしてだいたいの人に納得していただいていいる。雨竜のことは少しも悪く言っていないだろうし。え、十分言ってるって。
かいた人:, カテゴリ:お知らせ, 23:59
comments(2), trackbacks(0), - -
コメント
ご無沙汰してます。
カーナビラジオ聴いて、さっそくメールしてます☆
Qさんの声が入るのでは〜〜?!と耳をすませていましたが、入りませんでしたw原稿だけでしたか・・。
「豪雪地帯に住みたかった」って読まれていましたねw
あなほり, 2010/06/18 2:32 PM
> あなほりさま
久しぶりですね。HALへのお祝をいただきありがとうございました。
さて短いコーナーですから僕が話したら長くなってしまうし原稿を作るのは仕方ないんじゃないでしょうか。出来れば出たかったけどw。
「豪雪」を含め足りない部分を補ったのが今回の内容です。にしても「男女相部屋」って間違えて放送されたので女性のお客様の足が遠のくのではと心配で心配で…はぁぁ。メディアに出るのも善し悪しですね。
Q@ゆきふる, 2010/06/18 9:59 PM









トラックバック
url: http://blog.yukifullsato.jp/trackback/1073115