RSS | ATOM | SEARCH
2014.07.13 Sunday
昨日のお客様から差し入れです。ありがとうございます。
120712鹿児島・東酒造・七窪日本酒、じゃないけど、まあいいでしょ。お湯割でいただきましたが、香りがいい!芋って感じではない。とてもいい香り。でもってさらりと飲める。うん、トンコツが食いたい・・・。
鹿児島県 東酒造 七窪(芋)
120712山形・栄光富士 純米吟醸 朝顔ラベル山田錦だからっていただいたけど、この香りは美山錦!でも味わいがしっかりしていてひと口目は原酒か?と思ってしまいました。美山80%、山田20%で仕込んであるそうで、加水してもしっかりした味わい、しっかりした造りもさることながらこれが山田の力なのか?って思ったりして。味は米〜って感じの甘み、ふくよかさ。う〜ん、アテがいらん。困ったもんだ・・・。
山形県 冨士酒造 栄光冨士 朝顔ラベル
純米吟醸 生貯酒
大石様、野村様ありがとうございました。ところで冷蔵ケースには金滴の純吟無ろ過生原、山廃純米生、北の純米生・小川酵母がよく冷えてます。ただ飲む前にすこし温度を上げたほうが味わいがあって美味しいですけどね。居酒屋モードも好評稼働中です。
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 03:59
comments(0), trackbacks(0), - -
2014.06.29 Sunday
オフシーズンに月一で開催している酒の会。もともとは「雨竜日本酒趣味の会」の例会なのだが、所管が当宿に移ってから「宿主が勝手に呑んだくれる会」と銘打って宿主が飲みたい酒を集めて皆さんといただいている。本来6月は休会となるが、5月が事情により中止になったのでそのリターンマッチを昨日行った。そのラインナップを。
140628呑んだくれ会ラインナップ画像右から。
「金滴大吟醸雫採り鑑評会出品酒(24BY)」
このお酒は昨年7月に発売されたものをうちの冷蔵庫で保管。一年の熟成を経てどうなったかを楽しみにいただいてみた。ヒネもせずいい熟成具合。品のいい香り、うまみと切れが調和している。うまい。
「金滴北雫純米吟醸(火入れ)」
このお酒は以前のブログに書いているのでこちらをご覧ください。
「金滴吟風山廃純米酒・協会8号酵母使用・生酒」
精米歩合80%の吟風をいまやレアとなった協会8号酵母で醸した末広がりの縁起のいい山廃純米酒。生酒だけど常温や燗の方がその旨さがわかると思うので、北雫純吟と一緒に呑む2時間に冷蔵庫から出庫。
「豊杯 純米大吟醸 生酒(限定品・レインボーラベル)」
昨年末に発売の豊盃米(契約特別栽培米)を40%に精米、協会1501号酵母を使ったラベル通りレインボーな一品。華やかな香り、米の甘み。米という果実のジュースだ。
「陸奥八仙 華想い50 純米大吟醸(火入れ)」
青森県産華想いを50%に精米、まほろば酵母を使った純米大吟醸酒。香りやうまみも感じられるが比較的すっきりした味わい。
お料理はこんな感じでした。
140628呑んだくれ会お品書き舌が麻痺する前に、と最初に大吟醸ばかり3本飲み比べしました。しばらくしてふっと見渡すと料理に全く手がついていない!大吟クラスだと他に何もいらないってことがよくわかりました。美味しいけどせっかくだからお料理も食べてほしいよなぁ、というわけで早々に北雫と吟風を投入、そのあたりから話がどんどん弾んで料理も進んで。初参加のおふたりを含む9名出席でしたが、お酒もお料理もきれいになくなりました。次回は9月後半あたりにやりたいなぁと思っています。
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 08:14
comments(0), trackbacks(0), - -
2014.06.15 Sunday
おとといお越しのお客様からの差し入れ。
140613奥の松・純吟生原・限定奥の松・純米吟醸生原酒。限定酒だそうです。
香り華やか。口当たりは甘くやさしい感じ。でもって原酒らしいしっかりした味わい。裏ラベルを読むと蔵酵母を使って精米歩合は58%、日本酒度は0、酸度1.7、アルコール度数は17です。
で、ヌル燗してみたw。30度くらい。冷えていた時には隠れていた味わいがはっきりしてさらにうまくなったと思います。
140613男山・特純55・蔵限定こちらは男山・蔵造り資料館のみで販売される特別純米原酒(火入れ)。
奥の松と比べて日本酒らしい辛口。精米歩合が55%と奥の松よりも削っているが、香りはも味わいも全然違う。仕込み方、生と火入れ、酒米・酵母の違い、仕込み水、等々味わいの違いをいろいろ考えながら呑むのは楽しい。
こちらも燗!3種類ぐらい試したけど上がり40度が一番よかったとお客様がたの評。私は50度くらいもいいかな。楽しめました!佐藤様、ありがとうございました。
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 05:55
comments(0), trackbacks(0), - -
2014.06.08 Sunday
140607金滴北雫純吟
2014年のオンシーズンモード初日。今日はお客様がいないので新館にて6月28日開催のお酒の会向けに試飲です。
このお酒「金滴北雫」は金滴四文字シリーズと呼ばれる酒米名がついたもので吟風・彗星に次いで3番目、まず春に特別純米・生酒が発売されています。
「きたしずく」は優良品種として登録されたばかりの酒米。吟風1/2、雄町1/4、ほしのゆめ1/4を親に持っています。
 穏やかな香り。すっきりした味わい。飲んですぐ川端さん(杜氏)のお酒だな、ってわかります。彗星に比べるとキレが穏やか。吟風のような味わいもあるし。きれいなお酒です。ちなみにまだ試験栽培のため出荷量が少なく、発売されて間もないのにあるお店ではすでに1升サイズがなくなっていたりして少し焦りました。
140314呑んだくれ会ラインナップ余談ですが、当宿ではオフシーズンに月一でお酒の会「宿主が勝手に呑んだくれる会」を開いています。3月に開催した会では吟風・彗星・北雫のそれぞれ55%精米の特別純米・生酒を飲み比べしました。それぞれの個性が出ていて楽しかったです。28日の会のラインナップは現在選考中。どんなものになるか、参加者はお楽しみに!
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 07:12
comments(0), trackbacks(0), - -
2014.05.01 Thursday


140430 金滴 北の純米酒生原酒 小川酵母使用
140430 金滴 北の純米酒生原酒 小川酵母使用試行錯誤のなか「居酒屋モード」スタートです。
今日は地元の蔵・金滴酒造の北の純米酒生酒、小川酵母使用です。アテはアボカドとチーズのわさび醤油和えとコゴミの梅和え。
居酒屋モードについては別途書く予定です。
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 05:43
comments(0), trackbacks(0), - -
2011.04.07 Thursday

新しいカテゴリです。飲んだお酒の味わいなど自分のためにちょっと書き留めておくためのものです。舌が利くほうではないので大したことは書けません。異論・お叱りもあるかとは思いますが、あまり気にしないで気楽にお付き合くださいませ。
実はこれまで何度もこのカテゴリで書き込みをしようと思ったのですが、いちばん最初は地元の蔵から始めたいと思っていてなかなかオープンできずにいました。ようやくその日が来ようとしています。

110406金滴リスタート先日、隣の新十津川町の金滴酒造にお邪魔してきました。この蔵は北海道移住前からいろいろとお世話になっているところです。その思いや日本酒の馴れ初めなど書き始めると異常に長くなるので後述の<続き>をご覧いただければと思います。
これまでいろいろとあったのですが、新しい杜氏さんを迎えてそのあいさつ代わりともいうべきお酒があす8日より発売とのこと。楽しみです。なのでカテゴリ名のように「今日」ではなくあす以降になってしまうのですが、これをまず掲載してみたいと思います。お楽しみに。


続きを読む >>
かいた人:, カテゴリ:Qの今日の日本酒, 07:00
comments(4), trackbacks(0), - -