RSS | ATOM | SEARCH
2010.01.31 Sunday

今年も少しづつですが回ってみようと思います。'10年最初のお店は滝川の時音さんです。
こちらのお店、新聞(たしかプレス空知かな)に掲載されていたのと滝川のコミュニティーFM・G'skyの放送局長ブログで存在は知っていたものの、なかなかうかがうことができず、気がつくと忘れてしまっていました(失礼!)。お店やマスターの画像は上記ブログからどうぞ。
さて先日近所のお父さんのPCを調整しに行ったところ、お隣が時音のマスターのお宅だった(現在もそうなのかな?)そうでよく行かれる由。また忘れないように、さっそくうかがってみました。

平日のお昼前ということでお客さんは僕らだけでした。住宅の中にある喫茶店。まさに隠れ家のようです。民家を改造したとのことで玄関で靴を脱ぎそうになるのですが、そのままどうぞと案内され、窓際に陣取りました。きれいな落ち着いた喫茶店。友人のお宅の居間に通された感じですね。食事でもと思ったのですが、まずはコーヒーをいただかないと。で、私は深煎りのコーヒーとレアチーズケーキのセット、おかみはホットミルクとこれも気になったワッフルです。シフォンとレアチーズは奥さまの手作りだそうでコーヒーとセットにすると500円!1コインでいただけちゃう。うれしいですね。

さてお味はというと。コーヒーは深煎りだけどクリア感のあるすっきりした味わい。甘みを抑えたケーキとよく合いますね。
珈琲時音・深煎りコーヒーとレアチーズケーキ
かみさんのワッフルもいただきましたが、ボリュームもありお昼はこれだけでも十分かもしれない。
珈琲時音・ホットワッフル
お昼といえばロコモコ丼やスパゲティなどもあるのでそちらもぜひいただいてみたいと思いつつお店を後にしました。
近所に住んでいる方がちょっと落ち着きたいときに来られるのかもしれないな。そんな静かな雰囲気の喫茶店でした。

珈琲時音
北海道滝川市東町4丁目103-31 0125-23-0190
9:00〜19:00 水曜定休

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 18:20
comments(0), trackbacks(0), - -
2009.03.14 Saturday

1月中旬、某ガイドの取材も兼ねて南空知周辺のお店めぐりに行くことになりまして、その際訪ねてみたかった喫茶店のひとつにようやく行くことができました。

カフェマヤ 岩見沢栄町店 web
北海道岩見沢市栄町8丁目52-1 0126-22-8912
10:00〜17:00
月・火・水曜日 (1〜3月)火・水曜日 (4〜12月)定休

以前新聞に掲載されていた記事によると「幻のコーヒー」とある。グアテマラの奥地で農薬や化学肥料を使わずコーヒーの果肉や落ち葉、灰などを自然のサイクルを利用して畑に帰す伝統的な栽培法で生産された希少な豆。これを生産者から直で買い付けてていねいに自家焙煎して出してくれているとのこと。生産者の顔が見えるコーヒー…当宿の理想・作っている人の見える食べ物の提供に通じる。とても気になっていました。

さて雨混じりの雪が降る午後、国道から市街をバイパスする道路沿いにポツンと建つその外観はプレハブ小屋。パッと見た感じではわからないと思います。

cafeMaya外観

しかし一歩中に入ると温かみのあるレンガ色の壁や照明が落ち着いた雰囲気を醸し出していました。イイ感じです。

cafeMaya店内

早速浅炒りと深炒りのブレンドをたのんでみました。私は深炒りの方をいただきましたが、すっきりとしていて味わいもしっかり、まさに私好みのコーヒーです。あまりに感動して豆を買ってくるのを忘れてしまいました。自分で淹れてみたらどんな感じになるだろう、考えただけでわくわくしました。

cafeMayaフレンチ焙煎

その後何度か近くを通りかかることがあったのですが、いろいろあってなかなか再訪が果たせず残念でなりません。ぜひ近いうちに行ってみたいと思っています。

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 16:00
comments(0), trackbacks(0), - -
2009.02.07 Saturday

久々の喫茶店ご紹介です。別にサボっていたわけではなくネタはたまっているのですが…書くのをサボっているのね。ごめんなさい。

さて今回ご紹介は昨年の年末に行った深川の「ムッシュサンダカン」です。このお店は'83年からやっている自家焙煎コーヒーの老舗。まだ滝川で仕事をしていた時にたまたま社長さんにお会いしてお話をうかがったことがあります。燻製工房やインターネット通販、道の駅への出店などいろいろとやられているようですが、今回ご紹介するお店は以前「茶朶館」というレストランだったところです。

ムッシュサンダカンweb
北海道深川市6条20−8 0164-22-7704
月曜定休

中も外もすっかり変わってしまいました。以前はお母さんがやられていたように思ったのですが、現在は息子さんが調理を担当されているようです。洋食から和食までメニューにいろいろとこだわりが感じられます。

さて私はコーヒーの方をっと。いつものように深煎りものをいただきます。

ポットで出てくるさんだかんのコーヒー

以前からだったかなぁ、ポットで出てくるのって?たっぷり2杯以上入っています。朝からコーヒーをいただいていなかったので大丈夫でしたが、ちょっと多くないだろうか。残したらいいんだろうけどせっかく淹れてくれたコーヒー、そういうわけにはいかない…。すっきりとした苦み、ちょうどいいコク、後味もすっきりで僕好みのコーヒーですね。おそらくゆきぐにブレンドだったかと思いますが…控えるのを忘れました。今度は名物の自家製ソーセージのセットと一緒にいただきたいと思います。

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 20:45
comments(0), trackbacks(0), - -
2008.11.29 Saturday

久々の喫茶店めぐりです。あちこち行きたいところはあるのですがなかなか出かけられなくて…で、昨日美唄に行ったのでそれをアップしてみたいと思います。

調査を兼ねていろいろといったのですが、そのひとつがアルテピアッツァ美唄。小学校の跡地を地元出身の彫刻家・安田侃氏のギャラリーに改装。校舎1階部分は現在も幼稚園として利用されています。体育館や校庭もすべてがアートスペースになっています。その敷地内の少し離れた場所にあるのが今日の喫茶店です。

cafe Art(カフェ アルテ)
北海道美唄市落合町栄町 0126-63-3137
火曜定休・他(アルテピアッツァ美唄開館日と同じ)

cafeArt

広々とした空間にゆったりとカウンターと座席があり、暖炉が冷えた体を温めてくれます。BGMなどは流れていません。窓から林を見やればエゾリスが遊ぶ姿を眺めながら、静かに、のんびりと時間を過ごします。

cafeArt

肝心のコーヒーですが、深入りでしっかりした味わいでした。サイドでいただいたパウンドケーキもフルーツが4種類ほど入っていてなかなか。閑散期の平日だったからかもしれませんが、のんびり時間を過ごすことができて良かったです。

ちなみに雪のアルテピアッツァ美唄はこんな感じです。

アルテピアッツア美唄
かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 17:57
comments(0), trackbacks(0), - -
2008.11.10 Monday

だいぶ空けてしまいました。ここのところ冬支度に追われていましてとりあえずラボを片づけデッキを片づけ、そうこうしているうちに雪は降ってくるは…はぁぁぁ。疲れた…


食ってやる〜!…というわけで暴走した帰り道(笑)、癒しと開拓も兼ねて喫茶店に入ってみました。道路沿いに自家焙煎の文字を見つけて、そこから少し路地を入った少し古めかしいドアを入ってみると、思ったより広い…ちょっと学校の教室のような雰囲気。落ち着いた店内にはピアノとかも置いてあるのでコンサートとかしているのかもしれない。壁にはどこかのサークルの絵画の作品が多数飾られてギャラリーのようでした。で、静かにクラシックのネットラジオが流れる中、運ばれてきたのがこちらです。

ふれっぷのフレンチとキャラメルコーヒー

フレンチ(080307訂正)とキャラメルコーヒーをいただきました。フレンチだけどすっきりとしていて飲みやすい感じ。僕的には好きなタイプのコーヒーでおいしかったです♪キャラメルは…いただくのを忘れましたorz
ちょっと気になったのが、ふれっぷパフェとふれっぷ羊羹。お店の名前を付けているだけのものかな〜と思って調べてみるとコケモモを使ったもののようだ。羊羹はテイクアウトもできるようなので今度買ってみたいと思う。ちょっとしたお食事もできるようなのでまた今度来てみようかな、と思いました。深川の開拓も急ピッチで行うです!

ふれっぷ
北海道深川市四条9−8 0164-22-3784
10:00 〜 21:00 不定休

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 19:29
comments(2), trackbacks(0), - -
2008.09.08 Monday

ちなみに講習会は13:00からで少し早く浅草についてしまったので歩いてすぐの合羽橋道具街で厨房器具や包装材、それと食器など物色。それとこのお店に入るのが目的です。

合羽橋珈琲
東京都台東区西浅草3-25-11 03-5828-0308
8:00 〜 21:00(20:00、月・土・日) 無休

ちょっと長めのエントランスを歩いて店内に入ると左右で禁煙と喫煙がわかれています。禁煙のほうを選びましたがコンクリートの無機な床から突き出した趣のある古在や囲炉裏席など温かみのある空間。大きな窓からは楓などの植栽越しに近くの保育園児が通り過ぎて行ったり、トラックが通過していったりと人々の生活が"垣間見"られますが、環境動画のようで全く気になりませんでした。
で深入りのブレンドと水出しコーヒーをいただいたのですが、おいしくいただいてきました。

合羽橋珈琲のダッチコーヒー

ところでこのお店、北海道のじゃないから番外だなぁ。でもまあいいや。

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 13:00
comments(1), trackbacks(0), - -
2008.07.10 Thursday

砂川のお菓子屋さん・ほんだの新しいお店、といっても開店してからかなりたつのだが。深川や美唄の店はケーキ類を店内で食べられるようにコーヒーを無料サービスしていたのだがここは有料の喫茶スペースがある。でちょっと寄ってみた。
お店でケーキを作っているので出来たてを熱々のコーヒーでいただける…と思ったらコーヒーがない!佐賀・嬉野産和紅茶しかないのだ!ポップには社長さんがアップルパイの繊細な味を邪魔しないのは紅茶だけとのたまわれている。なるほどそういうものかなとアップルパイセットをオーダー。紅茶を淹れるのにお湯から沸かすので15分位かかるとのこと。かなりこだわっているようだ。
出てきたのがこの画像のセット。上のは白桃と苺のショートケーキです。
ほんだ滝川本館
ポットにはもう1杯分入っているのでゆっくりいただけそうだ。日本産の紅茶は初めてだが美味しく感じました。てか日本では紅茶は生産できないんだろうか。日本茶と紅茶っておなじ葉っぱのはずだ。紅茶はそいつを発酵させていると聞いたことがある。何分門外漢なので間違っていたらサーセンwww日本の紅茶だって海外産に負けてないと思いました。
アップルパイについては社長さん曰く日本一を目指しているらしいのでその途中過程のモノと考え評価を差し控えます。

お菓子の館 ほんだ滝川本館
滝川市東町5-1-2 0125-24-5444
営業時間は後ほど


かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 10:16
comments(0), trackbacks(0), - -
2008.07.03 Thursday

山猫屋
滝川市と深川市の市境にある喫茶店。当宿も使っているピーベリーの豆で淹れてくれます。
丘の奥まったところにあるせいかとても静か。古い農家を改修した店舗からは4町歩もの敷地を見渡せます。のんびりゆっくり時間が過ぎていくのを楽しむのにいいかな。
で肝心のコーヒー。今回は暑かったせいもあってアイスもいただいてみました。
山猫屋
ホットは浅炒り系の少し酸味と甘みも感じられるすっきりした味。アイスは深炒り、もしかしたらうちと同じ豆をチョイスしているのかな?同じサプライヤーからのものなので違和感なくおいしくいただいちゃいました。
この他に季節のジュースやスムージーも出すようですが、それは次回の楽しみに。

山猫屋
滝川市江部乙町2408-1(19丁目東) 0125-75-6280
13:00〜18:00 火曜定休

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 10:33
comments(0), trackbacks(0), - -
2008.06.06 Friday

気になっていた雨竜の喫茶店に先日行ってきました。

cafe スウィングテイル
雨竜町第8町内 080-6074-9175
11:30〜18:00、23:00(木・金・土)月曜定休・日祭日(不定休)

店内は木を多用していて、大きな窓から日がたくさん差し込んで明るい感じです。うちと同じ301連装CDプレーヤーだw聞くところによると道内のプロスポーツTV中継など流すこともあるらしく、夜はさながらスポーツバーっぽくなるのかもしれない。クラシックのサーバーとギネスの表示がありました。いいなぁ。たくさん飲んでくれるならうちもおきたひ…。
さて肝心のコーヒーといただいてきた本日のランチのインプレッション!


本日のランチ・豚肉のおろしポン酢

ランチは火〜金曜のみです。念のため。2種類のおかずから選べるようです。かみさんは鶏のから揚げをいただいてました。値段が安い!500円。でこれなら納得でしょう。少ないように見えて結構おなかにたまります。もちろんおいしかったです。
で、食後にブレンドとエチオピアをいただいてみました。
深入り系でしっかりした感じの味です。カップが結構大きいから長くお話ししたり、ジャズかかっていたから時間をつぶすのにいいかも。連泊まったり系の旅人にはいい時間の過ごし方になるのでは?ケーキセットもあったけどおなかがいっぱいなのでそのうちにまた。

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 20:36
comments(0), trackbacks(0), - -
2008.06.06 Friday

これからしばらく滝川や深川の喫茶店をまわってみようかと思っています。コーヒーの味はもちろんライトミールや自家製ケーキなどもいただいてみようかと考えています。
で手始めに滝川ベルロードにある茶房 穂香へ。以前知り合いから挽いた豆をいただいていて勧められていたお店です。
古いお店をきれいに直していてレトロカントリーな雰囲気。ガメラ(!)のフィギュア多数とコカ・コーラやファンタの未開封?ホームサイズ(死語?)に目を引かれながら写真のサンドをいただいてきました。
コーヒー付きで550円ならリーズナブルかと。味も良かったっすよ。でコーヒーは浅煎りっぽいあっさり系の味でした。食後にいただくのにはよろしいかと。
コーヒーはオリジナルブレンドの他有機栽培豆を使用したものもあるようです。お食事メニューも結構充実していて、カレー(いただきました)、パスタに豚丼、牛丼まであったです。全メニュー美瑛の天然水を使っているとのことです。
茶房 穂香(すいか)
滝川市栄町3-6 2F 090-5954-0622
10:00〜、オーダーストップ18:00 月曜定休

それにしても最近はやりだな、有機栽培豆。こだわりの岩見沢のお店でも、また最近滝川にできた別の食堂でも有機栽培豆を看板にしていた。挽き方、淹れ方で豆の良さを生かしも殺してしまうのでコトによると両刃の剣だと思うのだが…。あ、大して味も分からないのに御託ヌカシマシタ。さーせんwww

かいた人:, カテゴリ:Qの喫茶店めぐり, 17:16
comments(0), trackbacks(0), - -