RSS | ATOM | SEARCH
2016.11.26 Saturday

161125この前の祝日、事務所はクリスマスの準備。ツリーやリースを飾って華やかな感じに。息子にツリーと並んで立ってもらうとようやく追い越したようです。
ゆきふるもここ数日の雪ですっかり白い世界。こうなると外仕事は終了。自分的には「冬」に入ります。毎年のことですが冬の最初の雪景色を眺めながらのんびりコーヒーをいただくのがいちばんの楽しみかもしれない。
今年も残すところ40日を切りました。早いものですね。

かいた人:, カテゴリ:ゆきふるな日々, 10:06
comments(0), trackbacks(0), - -
2016.11.08 Tuesday

今日は私が所属しているふたつの協会でそれぞれ大事な会議とイベントがあって、しかし担当している職業訓練校の講座は短い期間の中で検定試験を受けられるまでのスキルを持ってもらわねばならず、誰かに変わってもらうということができない。なのでどちらも欠席させてもらった。もちろんどちらの協会に所属している皆さんも忙しい中参加されていると思うので大変申し訳ないのだが、受け持っている受講生を優先させてもらった形だ。なので少し後ろめたい気持ちで1日を過ごしていた。



161108そんな中でとてもうれしいニュースが届いた。学生時代から愛用し、しかし壊れて使用不能となっていたオーディオのテープデッキが修復されて返ってきた。直していただいたのはうちの町のリサイクルショップ「豆電球」さんだ。この機械は当時の私には非常に高額で、しかしどうしてもほしくてアルバイト代をつぎ込んで手に入れた大事なものだったので動かなくなったときは非常に落胆したものだった。それでも捨てる気にはならず記念に取っておいた。当宿で行っている「宿主が勝手に呑んだくれる会」にいつも参加してくれる豆電球の主人にこのことを話すと直せるかもしれないと預かってくれたのだった。エアーチェック(死語)で録音していたいにしえのFM放送がスピーカーから聞こえてきた時の感動は後ろめたさを吹っ飛ばすには十分すぎるインパクトだった。本当にうれしいの一言に尽きる。豆電球さん、ありがとうございました。

 


かいた人:, カテゴリ:ゆきふるな日々, 18:49
comments(0), trackbacks(0), - -
2016.11.05 Saturday
先日のハロウィン以来降ってもすぐ溶けてくれていた雪、本格的に降り積もってしまいました。薪割りやビニールハウスの撤収などまだまだ終わっていないのに。昨年に比べると半月は早い。もう冬の到来なのででしょうか。

しかし、子供は別。真っ白な雪は彼にとっては天からのおもちゃなわけで。まずは湿雪ならではの遊び、雪だるまづくり。おかみが加勢します。

そのあとはだれでもやる雪合戦。子どもには楽しい季節ですが…さてこちらは外仕事をどうやって収めるか、思案中です。
続きを読む >>
かいた人:, カテゴリ:ゆきふるな日々, 12:08
comments(0), trackbacks(0), - -
2016.10.31 Monday
161031_積雪今年は夏から冬への切り替えがとても早くはや銀世界。とはいえすでに雨に変わり溶けてきていますが。ハロウィンのカボチャが雪の帽子をかぶっています。
かいた人:, カテゴリ:ゆきふるな日々, 09:48
comments(0), trackbacks(0), - -
2015.05.01 Friday
150501_15周年
2000年5月1日にオープンした「たびびとやど ゆき・ふる・さと」は本日節目の15周年となりました。イベントは5日に予定しておりますが、これからもよろしくお願いいたします。

さて「とほ旅vol.29」でも記載しましたが、当宿の営業内容を4/1付で一部変更しましたのでお知らせしておきます。
  • 4月の消費税率8%引き上げ後も現行の価格はすべて据え置きといたします。なお来年の消費税率10%引き上げ時の価格については本年の利用者状況を見て発表いたします。
  • 上記に伴い前号までつけていた「とほ旅」のクーポンを廃止しました。また利用者が少ないため若年者利用時の割引「メイト割」も一時終了とさせていただきます。なお若年者向けの割引は6月ごろ新しい形でお知らせできると思います。
  • 冬季暖房料が復活しました。10月から翌年5月まで頂戴いたします。
  • 子供素泊まり料金を設定しました。5歳〜小学生までおひとり様2,000円を頂戴いたします。なお4才以下のお子様の素泊まり料は無料とさせていただきます。
  • ゆきふるマイレージのポイント交換率を変更いたします。6月までに変更内容を発表・発効。1年間の移行期間を設けます。ステージアップによる特典については据え置きます。詳しくは後日発表されるステートメントをご覧ください。
  • チェックアウトの時間(原則10:30)を設定しました。チェックイン開始時間は変わりません(16時30分以降)。なお、早着は事前連絡があった場合のみ対応いたします。この場合でも館内に入れる時刻は原則15時以降とさせていただきます。荷物預かりなど臨機応変に対応しますので必ずご連絡ください。
かいた人:, カテゴリ:ゆきふるな日々, 09:38
comments(0), trackbacks(0), - -
2015.04.15 Wednesday
 先週のなごり雪から一週間。
すっかり雪は解け、麓では積雪ゼロになる日も近い事でしょう。
夜までクワクワと賑やかに鳴いていた白鳥たちも殆どが旅立ったようで、静かになってしまいました。

さて庭や畑に目をやると、
あさつきが芽を出している!

こっちはふきのとうが終わり、ふきが芽吹いています。
つくしやヨモギが生えてくるのも時間の問題かな。

私は山野草を採って食べるのが大好きなのですが、一般的にはどうなんだろう・・

スベリヒユは酢の物にすると、じゅんさいみたいにつるんとしていて美味しいし。
アカザはほうれん草の原種だけあって、おひたしや辛子酢味噌和えサイコー。
オオバコは天ぷらに。
つくしは佃煮。

流石に宿の食事メニューには加えませんが、飲み会の時のあてにどうでしょう。
あ、でもスギナだけはやめておきます・・


かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 10:45
comments(0), trackbacks(0), - -
2015.04.08 Wednesday
 ブログが途切れがちで申し訳ありません。
もう、こんなに雪解けが進みました〜!という内容で下書きをしていたのに、今朝は一転雪景色に。
届いたばかりの原木の上にも、シュガーコーティング。

なごり雪かぁ、と頭の中にフレーズが浮かんだ途端、それはイルカさんの歌声にすり替わる。名曲だもの、すり込み度強し。
ピンネシリがスイスの山並みみたいに美しかった。
携帯のズームしかないから、ちょっとボケていて残念ですが。

近隣の田んぼには、白鳥や鴨など渡り鳥が団体さんで押し寄せて来ています。
警戒心が強く、少しでも近寄ると逃げてしまうので、なかなか写真も撮れず・・
望遠つきのカメラが欲しい。

でも、すぐ頭上を白鳥たちが飛び交う様は、迫力があります。
冬から春へと移り行くこの時期は、実は色んな喜びや楽しみが沢山あって、
道外の人に自慢したい、見て欲しいなどと思う事がしばしばです。

うすら寒いといっても、日差しは徐々に強くなって来ました。
この雪も夕方までには溶けてしまうでしょうね。

かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 10:26
comments(0), trackbacks(0), - -
2015.03.13 Friday
 一昨日からのドカ雪で、新館の窓と言う窓が雪で塞がれそうになっています。

台所(四角い光は携帯の反射)

寝室

そりゃ、まだ降るだろうとは思っていましたが。
かなり雪解けが進んで、地面も見え始めていたのに、極端過ぎやしませんか。

あ、でもこれは地面からここまで積もった訳ではありません。
屋根からの落雪が積雪の上に乗っかって、です。

今日は雨竜中学校の卒業式。
旅立ちの日にさえ、天は試練を与えたもうか。

さて、ごちゃごちゃ言ってないで車を発掘するとしますか・・



かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 09:53
comments(0), trackbacks(0), - -
2015.03.11 Wednesday
 今年は戦後70年であり、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件から20年と何かと節目の年です。東日本大震災からは4年が経ちました。
過去の困難を振り返り、教訓として学ぶべき事は沢山ありますが、遅々として進まないように見える「復興」には辛いものを感じます。
忘れずに、胸に留める事くらいしか出来ませんが、それも大切な事だと信じたい。

ゆき・ふる・さとでは「気仙沼ミサンガ」の販売を続けております。
皆様のご支援をお願い申し上げます。

かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 14:28
comments(0), trackbacks(0), - -
2015.03.02 Monday
 一昨日、毎年滝川で行われているランタンフェスティバルに行って来ました。
駅前からメインストリートの道路上に、紙袋で作られたランタンがきれいに並んでいます。
その数なんと14,000個!
あくまでも主役は普通の市民で、幼児からお年寄りまで世代も技術も越えて、楽しんでランタンを作り、自分達の手で設置して、ろうそくに火を点す。
フェスティバルのコンセプトと、目の前で実現している光景に感動しました。

また、カレーや焼き鳥、スープetc体がほかほかに暖まりそうな魅惑的な屋台が多数出ていて、甘酒や豚汁のふるまいなどもありました。

年に一度、冬の日の美しい思い出になりました。
また来年も行きたいな。

かいた人:ゆみこ, カテゴリ:ゆきふるな日々, 09:34
comments(0), trackbacks(0), - -